カテゴリー別アーカイブ: Today’s Word

Pune

初めてここに来た時、楽園なのだなと思った。大袈裟なのかもしれないけど。ただ牛が歩いていたり犬が走っていたり鳥が囀ってたり、虫が飛んでいたり木々が風にそよいでいたり。空に低く飛行機が飛んでいたり近くでマンションを建築している音がガンガンと聞こえていたり。遠くで花火の上がる音が聞こえたり、遠くの街から嬌声が響いて来たり。そんなありきたりに思える様々なことが、楽園のように思えて。そして、生きてここにたどり着けたことを本当に良かったと思って泣けてきた。

捨てる神あれば拾う神あり。そんな言葉が浮かんできて、それが一体どこの誰のどんな意思なのかは分からないけれど、そのままだったら呼吸を止めてしまうかもしれない私のタマシイのようなものが、ここからまた呼吸の仕方を学べと、私をつまみあげてここにポトっと落としてくれたような、そんな気分だったと思う。

5年経ってまたここに来ることになった。私は呼吸出来るようになっているだろうか。

広告

ハーモニックコンバージェンス


マヤ暦とかってよく分からないんですが。
そもそもマヤ暦の話じゃないかも知れないんですが…。

1987年8月にハーモニックコンバージェンスというのがあったのだそうです。

同じ惑星配列がこの7月にも起こるとか。




※ハーモニックコンバージェンスというのは、ジョナサンケイナーによると……

→→→今週は、木星、海王星、土星がお互いに120度の角度を形成します。占星術師は 120度の角度を「トライン」と呼びます。トラインは素晴らしいひらめきと創造 性に満ちた空気を吹き込むと考えられています。今回は三つの惑星がお互いにつ ながるので、地球から見ると巨大な正三角形を形成しているように見えます。占 星術師はそれを「グランド・トライン」と呼びます。この星の配置に「ハーモ ニック・コンバージェンス」という新しい名前をつけた人さえいます。この星位 は、変化を起こし、傷を癒(い)やし、争いを解消するチャンスが個々人の生活 や社会にもたらされることを暗示しています。←←

 ……ということらしいです。



思い返すと、1987年は娘が生まれた年であり、父が亡くなった年でもありました。
私個人にとって大きな節目となった年でした。
また、直接関係ありませんが、大韓航空機爆破事件もあり、そのあとゴルバチョフによるソビエトの改革、南アフリカの人種隔離政策の放棄、ベルリンの壁の崩壊と東西ドイツ統一、東ヨーロッパの社会主義圏の崩壊、ソビエトの崩壊と世界情勢が激変していったと思います。


いろんな意味で、今いろんな人たちが変化の扉を開こうとしているのはないでしょうか?

ピークは7月21日だとかなんとか。


まあ、とにかく選挙行こう。

自分の手で扉を開きたいですね。

さて
えらぼーとというサイトです。誰に投票したら良いのかわかんなーいという私に貞末麻哉子さんが教えてくださいました。
是非参考になさってみてください。

(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’); ga(‘create’, ‘UA-44037943-1’, ‘genki-yoshimura.blogspot.jp’); ga(‘send’, ‘pageview’);

ご心配をおかけしまして

昨日の書き込みで電話を頂いてしまいました。
ご心配をおかけしてしまったようで(^^;申し訳なかったです。

一人語りですので、深い意味はありません。
いや、自分的にはもちろん意味はありますが。

そして、私は今日も夏負けで吐き気はしていますが、心は元気です。