カテゴリー別アーカイブ: Movie

ションベン・ライダー

相米慎二監督の「ションベン・ライダー」を再見。
一昨日「セーラー服と機関銃」を見た勢い。
辛い。
公開当時も辛くて辛くて辛かったけど、今見て一層辛い。
相米さんがもう死んじゃってるからだろうと思う。
夢見る少年少女の高邁な理想や純粋な正義感を持ち続けたまま映画を撮り続けることの辛さ。
どんな芸術も辛いけれど、映画は殊更に不条理で残酷なのではないか。
成功したときには絶大な名声と巨万の富を築くことがあるからなんだろうか?
信じられないほどにどす黒い恐ろしい人間の欲望にまみれなければならなくなる。
ただ、良い映画を作りたいという気持だけでこの業界に迷い込むとこんな目に遭うんだよ、という独白を2時間見ているようだ。
いや、私が勝手にそう見てしまうだけだけれど。
十代で映画業界に入り込んでしまった私はブルースのようであり、今の私はあられのようでもある。
あの人はあの人ように、かの人はかの人のように、あの団体は……と、思わないようにしても思ってしまう。
そして、この映画が公開されたときには生きてたあの人やあの人も、今はもういない。
若い人も、そうでない人も。

相米さんには一度お目にかかったことがある。
この「ションベン・ライダー」に出演されていたきらむらあきこさんに会わせてもらった。
渋谷のK`sバーという映画人がよく集まるバーだった。
とてもシャイな人で、ほとんど目も合わせてもらえなかったけれど、不穏な空気を纏っていた。
結局全く話もせずに時間をもてあますだけだったけれど、相米さんは覚えてくれていたようで、数年後に私が離婚した後、パーティで「お前、大丈夫か?」と声を掛けてくれた。
その頃、私は周りから腫れ物のように扱われていて、声を掛けてくれる人もほとんどいない状態だった。
だから、そのたった一言の「お前、大丈夫か?」でどれほど救われたか分からない。
今でもその一言を思い出す。
この映画を観ると、初めて会ったときの相米さんの不穏な空気を思い出して辛い。
でもその辛さを知っている相米さんだから、あの時、声を掛けてくれたんだろうと思う。

いろんな人の優しさで生かされてきたんだと思う。
「あの時はありがとうございました」とちゃんと言えないまま、相米さんは死んでしまった。
「あの一言でどんなに救われたか分かりません」と言いたかった。
「ありがとう」とか「ごめんなさい」とか、言えるときにちゃんと言わないと。会いたい人には会わないと。そして、人に優しくすることを躊躇しない様に。厳しくすることもね。

なぜだかよく分からないけれど、私はまだ生きているのだから、自分が生きていこうと思えたいろいろなことを、人にしていくのだろうと思う。

広告

「Visiting Grave~お墓参り~」東京で上映決定!

「Visiting Grave~お墓参り~」東京で上映決定!

薬袋いづみ出演、吉村元希監督の短編映画「お墓参り」が
12月16日にTokio☆オオハラエナイト(上映会)東京・銀座
上映して頂くことになりました。
「ナゴシノハラエ」の監督、大原とき緒さまの主催です。

作品「淵に立つ」で
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した
深田晃司監督作品のシークレット上映もあるそうです。
.
「Visiting Grave~お墓参り~」の上映は18:30からと一回のみとなります。
.
詳細は下記に。
東京では初上映となります。
この機会にご観賞いただけたらとおもいます。

どうぞよろしくお願いします。

【料金】
★昼夜通し券:2,000円
★昼のハラエ券(~『お墓参り』まで):1,500円
★夜のハラエ券(『MATU☆KAZE』~):1,500円
全て1ドリンクとプチおつまみ付!出入り自由!
☆希望者のみ、形代に1年の穢れを移す大祓ありマス。

【スケジュール】
(予定)
●昼のハラエ●
13:00 Open!
13:30 ★幻の深田晃司監督作品シークレット上映(100min)
15:40 『Futaba』上映(15min)大原とき緒監督作品
『緑薫・・・』上映(56min)大原とき緒監督作品
17:30 『MATU☆KAZE』上映(15min)大原とき緒監督作品
♡『早乙女』上映(8min)大原とき緒監督作品
18:30 ★♡『お墓参り』(25min)吉村元希監督作品

●夜のハラエ●
19:30 ♡『ナゴシノハラエ』上映(108min)大原とき緒監督作品
☆上映後、姫路会場とのSkype中継予定☆
Free Time
22:30 Close

【ゲスト】
♡薬袋いづみさん(女優)『早乙女』『お墓参り』『ナゴシノハラエ』出演

【会場】
「スペース銀座」
東京都 中央区銀座1-19-12 銀座グラスゲート2階

※上映内容等、やむを得ず変更の場合もありますこと、立ち見の場合もございますこと、ご了承ください。

 

【LINK】

Tokio☆オオハラエナイト(上映会)東京・銀座Facebookイベントページ

大原とき緒さんTwitter

映画『ナゴシノハラエ』公式ツィッター

吉村元希Twitter

映画「Visiting Grave~お墓参り~」公式Twitter

【大原とき緒さまのコメント】

はじめまして、大原とき緒です。東京で映画を創っています。
初長編作品『ナゴシノハラエ』を、昨春から1年間、全国9箇所の会場で上映していただきました。最後の上映では、『瓶詰の地獄』原作者・夢野久作さんのお孫さんに福岡に呼んでいただき、やり切ったつもりでした。

今秋、姫路での再上映を、姫路在住のアーティスト・八田員徳さんが企画してくださいました。その翌週、姫路上映と同じ日に、この夏に亡くなった友人が写真展を行った銀座の会場を使えることになりました。『ナゴシノハラエ』の上映場所をずっと気にかけてくれていた彼女の力が働いたように感じました。

銀座会場では、昼間からずーーーっとTokio作品などをかけつつ、飲みつつ、最後はskypeで姫路会場と中継しようと考えています。女性が解き放たれることを願って創られた作品ばかりです。特に女性に来ていただきたいです。
それから、わたしが観たかった2作品も上映させていただけることになり、吉村元希監督、深田晃司監督、感謝いたします!

忙しい頃かと思いますが、心のオオハラエ(大祓=祓い清めの年末行事)をしに来ていただけたらと思います。当日、お会い出来るのを楽しみにしております☆

心の中の痛いところ

徒然に。
今までに、見てきた映画の幾つかを、プログに書いたり、ツイッターやFacebookに書いたりしてきた。

もちろん、大好きな映画だからだ。

しかし観たのに書いていない映画も幾つかある。

何故か文章では書きあらわせない映画があるのだ。
実は私は文章で自分の想いを表現するのが苦手である。
そんなことを言うと驚かれるかもしれないけれど、それは事実で、虚構の物語はいくら書けたとしても、自分の本当の想いを書くのとは全く別なのである。
FacebookやTwitterはそのための訓練だと思っている。
そんな訳で、心に深く刺さった映画の中の幾つかはまだ書けないままでいる。

多分自分の中に抱えている痛い部分とシンクロしている映画がそうなっているのだろうと思う。