カテゴリー別アーカイブ: Korean Movie,Drama

映画「ソウォン」

感想と言うよりは、この映画を観て感じたことの私的メモ。
って、このブログのほとんどが私的メモですが…。

 

 

想像を絶する、理不尽な被害に遭った人の、その苦しみや悲しみや痛みを、
本当のところ、
当事者では無い、私やあなたには、わかり得ることはない。

似たような被害に遭ったことがある、と、思う事があったとしても、それは所詮違う被害であって、
その人の苦しみを理解することは決して出来ない。

それを忘れてはならない。

そうしないと、その人を2度苦しめることにもなりかねない。

だけれども。

その人は、私やあなたの助けを必要としていないわけでは無い。

私には何も出来ないけれど。

ただ、そばに寄り添うことだけだったらできるから。

そばに寄り添わせてください、とお願いすることは出来る。

今は、かえって邪魔かも知れないけど。

いつかその人が私を必要としてくれるその時には、そばにいられるように、と願い続ける。

人は無力だけど。

私の場合は特に無力だけど。

ただ、そっと寄り添いたい。

そう思っている。

広告

KAFA:Korean Academy of Film Artsを見学 ~ピョン・ヨハンのあの映画

2013年のことを今更ブログに書きます。

すみません、忙しかったんです、多分…。(多分?)

2013年の東京国際映画祭で上映された「起爆」、韓国語のタイトルは「들개」(野犬)
監督はKAFAこと韓国国立映画アカデミー在学生のキム・ジョンフン김정훈さんです。
日本映画監督協会と東京国際映画祭の共催交流パーティでお目に掛かったのが最初です。
たまたまその次の週にソウルに行くことになっていたので是非会いましょうと言うことになってソウルでお目に掛かりました。

KAFAを案内してくださるということになり、車で向かえに来てくださったのですが、その車がなんと「起爆」の劇用車でした…。
日本ではまだ正式に公開されていないので「起爆」を観た方は一部の熱心な韓国映画ファンだけかと思いますが、あの劇用車ですよ~~~。

IMG_4244 IMG_4254 IMG_4255

思わず写真も撮っちゃいますよね?

KAFAからの卒業生には
『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督…11期
『八月のクリスマス』のホ・ジノ監督…9期
『スキャンダル』のイ・ジェヨン監督
『ユゴ 大統領有故』のイム・サンス監督…5期
等々そうそうたるメンバー。

また「起爆」に主演していたピョン・ヨハン변요한さんはドラマ「未生ミセン」で大ブレイク。
主演映画「ソーシャルフォビア」が2015年3月12日に公開されました。
主演も監督も期待の新人です。この映画は観た方がいい…けど、日本での公開予定はまだ無い模様…。
どうしても観たいという方は私にこっそり言ってくださると、実はDVDを頂きましたので持っています。一緒に観ましょう!でも日本語字幕はありません。英語字幕のみです…。

IMG_4258IMG_4257IMG_4261

スタジオ潜入。
IMG_4270IMG_4268IMG_4269

アニメーション演出専攻スタジオもありました。
IMG_4265

このときは丁度「起爆」をレンダリングしているところでした。
IMG_4273IMG_4276

学内には試写室もあって厳しい講評もあるとか…を、再現するの図。なんのこっちゃ。
IMG_4278IMG_4283

屋上はなかなかおしゃれで素敵な空間。
IMG_4284

こちらは正面入り口。
IMG_4286

ホンデのカフェで一休みしました。
IMG_4292

だれか「起爆」の配給権を買いませんか~?
日本で上映されていないのは勿体ないですよ~!

韓国ではピョン・ヨハン効果があって再映されている模様です、ちぇきら!
https://www.facebook.com/tinkerticker

イ・チャンドン監督@山形

林海象監督から「山形にイ・チャンドン監督が来るけど、来る?」とお声をかけて頂き、そりゃあもう行くでしょう!なオアシス大好き吉村元希。

「オアシス」まだ観ていない人は観ましょうね。
というか、イ・チャンドン監督はどちらかというと寡作の方で「ペパーミント・キャンディ」「シークレット・サンシャイン」「オアシス」「ポエトリー~アグネスの詩」くらいしかありませんので、全部観てください。きっぱり。

まずは根岸吉太郎監督が学長をなさっている東北芸術工科大学にお邪魔しました。

IMG_8515 IMG_8516

東北芸術工科大学には何処にも柵が無く、どこからでも入れるんだそうで、とても素敵な建築。
鏡橋と言われる橋を渡って構内に入ります。
鏡橋というのは網走刑務所に入るときに渡らなければならない橋の名前で、この大学に入ると言う事は番外地に入る思いで入れという思いが託されているというお話を根岸さんがしてくださいました。

IMG_8517 IMG_8518

林海象監督と根岸吉太郎監督の研究室。
海象さんの研究室はさすがのこだわり…。

この日、北野武監督の北野ブルーで有名な柳島克己撮影監督のワークショップ。
ワークショップでは北野ブルーの秘密にも触れていたとか…聞きたかったかも…。

その後、山形のフォーラム山形の直ぐ近く、ラトリエドゥシャルロットにて皆様とお食事を頂きました。
大変に上品なお味のフレンチでした。
店名のシャルロットはシャルロット・ゲインズブールからちなんでいるのが、店内に入って直ぐ分かります。

IMG_8519 IMG_8520 IMG_8521 IMG_8525 IMG_8526

 

そしてイ・チャンドン監督とツーショットを取って頂き。
私の前には通訳をしてくださった京都造形芸術大学の이상재さんと林海象さん。
イ・チャンドン監督の向かって左には女優の玄里ちゃんがいました。
スリーショットにすれば良かったね…。

 

IMG_8523 IMG_8524

 

そのあとフォーラム山形へ。

IMG_8531IMG_8532 IMG_8533

 

熱心なファンの方からの質問に一つ一つ丁寧に答えていらっしゃるイ・チャンドン監督。
真摯な姿勢に感動します。
ここでも女優の玄里ちゃんがその才女ぶりを大活躍させての通訳です。

IMG_8534 IMG_8535
映画館にはイ・チャンドン監督がプロデュースを手がけたペ・ドゥナ主演の「私の少女」のポスターが。
すでにペ・ドゥナのサインが入っていましたが、そこへイ・チャンドン監督がサインを書き加えていらっしゃいました。
フォーラム山形へいらっしゃる方は是非見てみてください~。