カテゴリー別アーカイブ: KOREA

KAFA:Korean Academy of Film Artsを見学 ~ピョン・ヨハンのあの映画

2013年のことを今更ブログに書きます。

すみません、忙しかったんです、多分…。(多分?)

2013年の東京国際映画祭で上映された「起爆」、韓国語のタイトルは「들개」(野犬)
監督はKAFAこと韓国国立映画アカデミー在学生のキム・ジョンフン김정훈さんです。
日本映画監督協会と東京国際映画祭の共催交流パーティでお目に掛かったのが最初です。
たまたまその次の週にソウルに行くことになっていたので是非会いましょうと言うことになってソウルでお目に掛かりました。

KAFAを案内してくださるということになり、車で向かえに来てくださったのですが、その車がなんと「起爆」の劇用車でした…。
日本ではまだ正式に公開されていないので「起爆」を観た方は一部の熱心な韓国映画ファンだけかと思いますが、あの劇用車ですよ~~~。

IMG_4244 IMG_4254 IMG_4255

思わず写真も撮っちゃいますよね?

KAFAからの卒業生には
『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督…11期
『八月のクリスマス』のホ・ジノ監督…9期
『スキャンダル』のイ・ジェヨン監督
『ユゴ 大統領有故』のイム・サンス監督…5期
等々そうそうたるメンバー。

また「起爆」に主演していたピョン・ヨハン변요한さんはドラマ「未生ミセン」で大ブレイク。
主演映画「ソーシャルフォビア」が2015年3月12日に公開されました。
主演も監督も期待の新人です。この映画は観た方がいい…けど、日本での公開予定はまだ無い模様…。
どうしても観たいという方は私にこっそり言ってくださると、実はDVDを頂きましたので持っています。一緒に観ましょう!でも日本語字幕はありません。英語字幕のみです…。

IMG_4258IMG_4257IMG_4261

スタジオ潜入。
IMG_4270IMG_4268IMG_4269

アニメーション演出専攻スタジオもありました。
IMG_4265

このときは丁度「起爆」をレンダリングしているところでした。
IMG_4273IMG_4276

学内には試写室もあって厳しい講評もあるとか…を、再現するの図。なんのこっちゃ。
IMG_4278IMG_4283

屋上はなかなかおしゃれで素敵な空間。
IMG_4284

こちらは正面入り口。
IMG_4286

ホンデのカフェで一休みしました。
IMG_4292

だれか「起爆」の配給権を買いませんか~?
日本で上映されていないのは勿体ないですよ~!

韓国ではピョン・ヨハン効果があって再映されている模様です、ちぇきら!
https://www.facebook.com/tinkerticker

広告

イ・チャンドン監督@山形

林海象監督から「山形にイ・チャンドン監督が来るけど、来る?」とお声をかけて頂き、そりゃあもう行くでしょう!なオアシス大好き吉村元希。

「オアシス」まだ観ていない人は観ましょうね。
というか、イ・チャンドン監督はどちらかというと寡作の方で「ペパーミント・キャンディ」「シークレット・サンシャイン」「オアシス」「ポエトリー~アグネスの詩」くらいしかありませんので、全部観てください。きっぱり。

まずは根岸吉太郎監督が学長をなさっている東北芸術工科大学にお邪魔しました。

IMG_8515 IMG_8516

東北芸術工科大学には何処にも柵が無く、どこからでも入れるんだそうで、とても素敵な建築。
鏡橋と言われる橋を渡って構内に入ります。
鏡橋というのは網走刑務所に入るときに渡らなければならない橋の名前で、この大学に入ると言う事は番外地に入る思いで入れという思いが託されているというお話を根岸さんがしてくださいました。

IMG_8517 IMG_8518

林海象監督と根岸吉太郎監督の研究室。
海象さんの研究室はさすがのこだわり…。

この日、北野武監督の北野ブルーで有名な柳島克己撮影監督のワークショップ。
ワークショップでは北野ブルーの秘密にも触れていたとか…聞きたかったかも…。

その後、山形のフォーラム山形の直ぐ近く、ラトリエドゥシャルロットにて皆様とお食事を頂きました。
大変に上品なお味のフレンチでした。
店名のシャルロットはシャルロット・ゲインズブールからちなんでいるのが、店内に入って直ぐ分かります。

IMG_8519 IMG_8520 IMG_8521 IMG_8525 IMG_8526

 

そしてイ・チャンドン監督とツーショットを取って頂き。
私の前には通訳をしてくださった京都造形芸術大学の이상재さんと林海象さん。
イ・チャンドン監督の向かって左には女優の玄里ちゃんがいました。
スリーショットにすれば良かったね…。

 

IMG_8523 IMG_8524

 

そのあとフォーラム山形へ。

IMG_8531IMG_8532 IMG_8533

 

熱心なファンの方からの質問に一つ一つ丁寧に答えていらっしゃるイ・チャンドン監督。
真摯な姿勢に感動します。
ここでも女優の玄里ちゃんがその才女ぶりを大活躍させての通訳です。

IMG_8534 IMG_8535
映画館にはイ・チャンドン監督がプロデュースを手がけたペ・ドゥナ主演の「私の少女」のポスターが。
すでにペ・ドゥナのサインが入っていましたが、そこへイ・チャンドン監督がサインを書き加えていらっしゃいました。
フォーラム山形へいらっしゃる方は是非見てみてください~。

 

 

 

日中韓映画文化交流の2014年

昨年は私個人にとって、日中韓映画文化交流の始まりとなった年だと思っています。

もともと日本映画監督協会の国際委員であった私は何かできないかと思い、せっかく国際委員なのだったら、他国の監督協会的な団体と交流出来るようにしていきたい。
私の場合は、外国語は韓国語が一番マシなので、やはり、韓国と、と思っておりました。

韓国から映画監督が来て懇親会やるんだってよ、という場所にはなるべく顔をだして、「日本映画監督協会と交流しませんか?」と言いまくっていました。

春先にはアップリンクで「南営洞1985」が上映されるときにチョン・ジヨン監督にお目に掛かる機会をいただき。

6月にはなんとあのポン・ジュノ監督にも声かけちゃったりしていました。

チョン・ジヨン監督もポン・ジュノ監督も「いいですよ~繋げられると思います~」と言ってくださっていたのにも関わらず、何故かそこから前に進めない状況にありました。

昨年は、例え何の実りがなかろうと釜山国際映画祭に行くことだけは決めていたのですが、本当にただ映画祭に行くだけになっちゃいそうになっていたところ。

以前教えて頂いていたチョン・ジヨン監督にダメ元でメールをさせて頂いたところ、そこから、韓国映画監督組合と日本映画監督協会が交流していけるように声をかけてくださって、釜山国際映画祭の「韓国映画の夜」、や「韓国映画監督の夜」にご招待頂けることになりました。
今回の交流のきっかけはチョン・ジヨン監督のおかげによるものです。
本当にありがとうございました。

IMG_6707
※山崎博子さんと一緒に釜山国際映画祭の「韓国映画の夜」にて

日程が合わず「監督映画監督の夜」にお邪魔出来なかったのは本当に残念でした。

今年は是非日程を合わせていきたいと思います。

さて……楽しく過ごした釜山の後には。

東京国際映画祭が始まります。

こちらは今度私たち側がホストとなります。

日本映画監督協会が関わっている映画祭での行事がいくつかある中。

中国映画週間のレセプションパーティと東京国際映画祭と日本映画監督協会の国際交流パーティの二つがあります。

韓国の映画監督の方にこの二つに是非いらしてくださいという連絡をさせて頂きました。

有難いことには中国映画週間のレセプションパーティの時には韓国映画監督組合代表イ・ジュンイク監督(王の男)のメッセージビデオも流して貰うことができました。ユン・ジェヨン監督、キム・ジンソン監督に出席して頂くことができました。

もちろん中国からは中国映画週間のために来日していた監督達が沢山来場。
崔健(ツイ・ジエン)監督、徐皓峰監督の他、撮影監督のクリストファー・ドイルも…。

日中韓の監督が一同に介して、「日中韓友好に乾杯!」とアグネスチャンさんや福田元首相の音頭での鏡割りや乾杯など、大いに盛り上がりました。

IMG_7023
※一番左がキム・ジンソン監督、通訳の吉崎エイジーニョを挟んで、女性がユン・ジェヨン監督。
反対側一番右が山本政志監督、その左が日本映画監督協会理事の後藤さん。

 

また東京国際映画祭の国際交流パーティではヤン・イクチュン監督がいらっしゃいました。
ビックリするほど日本語がお上手で、とてもサービス精神旺盛の優しい方でした。

IMG_7148
※イクチュン監督を囲んで…Amiy Mori監督、山崎博子監督、旦雄二監督、国際委員長の松島哲也監督など…

 

この後にもソウルへ行ったときに韓国映画監督組合にお邪魔してきました。

そして、いろいろ頂きました。
10452424_860213784001110_755066890865813705_n
※「デビューの瞬間」韓国映画監督組合で作られた本だそうです。
いろんな監督がデビューしたときの逸話が多数。
短編小説のような感覚で読めたら良いかも…?

IMG_8176 IMG_8177
※こちらは天安艦プロジェクトのDVD。サインも頂きました。
なんと「南営洞1985」のDVDと同梱!
天安艦というのは日本で言うところの韓国哨戒艇沈没事件のことのようです。

そして私がムダンに興味があるとお伝えしたら

IMG_8128
※「マンシン만신」のDVDも頂きました。
韓国で人間国宝となった巫女・キムグムファさんのドラマドキュメンタリーで監督はあのパク・チャヌク氏の弟のパク・チャンギョン氏だそうです。

これらは全て日本映画監督協会として頂きましたが、字幕日本語訳がついていないため、私が預からせて頂いております。

しかし、もらってばっかりで申し訳ない……汗。

これからも、釜山国際映画祭と東京国際映画祭のパーティでお互いに交流していけるように微々たる歩みでも、とにかく、続けることを目標にしていきたいと思います。

今月はこうした歩みを続けていこうと言う事でお互いの委員会や理事会で審議,確認することになりました。

細くても良いのでとにかく長く続けていきましょう~~~