日韓映画文化交流の2015年

放置状態のブログでしたが、そろそろブログらしいことを更新。

今年は、去年は開催された中国映画週間内の日中韓映画監督交流会は開かれず大変に残念。
なぜ開かれなかったんでしょうね?
自らの力不足を噛みしめるのみ。

さて、3月にソウルへ。10959036_794887803898432_1473863457_o
これは単なる遊びで。
その際に韓国映画監督組合の副代表イ・ミヨンさんと、ソウル在住映画ライター土田真樹さんと呑む。
まあ、実は私は呑めないんですが、マッコリちょっとだけ。

 

3月後半には山形へいらっしゃったイ・チャンドン監督にお目にかかる。
それはこの辺りに↓
イ・チャンドン監督@山形

IMG_8780s

韓国映画界の小さな巨人、キム・ドンホさんと

 

4月から5月にかけては全州国際映画祭へ参戦。
いや、なにも戦ってないけど。
いっぱい映画観るぞ!と言う覚悟の表現。
楽しかった。
久しぶりにぴあの荒木さんとも会えたし。
山本政志監督の「水の声を聞く」も上映されました。
この作品は是非韓国で上映されて欲しいと思っていたので、嬉しかったです。
面白い映画にも沢山出会えた。
キム・ドンホさんともお目にかかる機会を頂いた。ドンホさんは伝説の韓国映画人。

 

6月なぜか自分の短編映画を撮ることになる。まあそれはまた別の機会に。

 

IMG_0004

ユン・ソクホ監督と

8月はソウルの梨花女子大の語学堂に3週間韓国語留学。

その間に、釜山国際映画祭の記者会見に潜入したり、岸野雄一さんのソウル公演をイ・ミヨンさんたちと見に行って、ヤンピョンオッパ(長谷川陽平氏)に会ったり、ソウル在住の日本人の方に優しくしていただいたり、なんとユン・ソクホ監督にお目にかかったり。
私はアニメ版の「冬のソナタ」のエピソード・ゼロの】脚本を書かせて頂いていたので、お目にかかれたのは本当に光栄でした。

11846631_982753565080464_7999797427792703809_n

2015年8月6日釜山国際映画祭の記者会見

 

 

 

2015年12月現在、またもや釜山市と釜山国際映画祭の間には対立が…。
このときには想像していなかったけれど…。

 

 

 

 

また文化庁の海外研修員制度に挑戦してみる。

 

10月は釜山国際映画祭と東京国際映画祭、また山形国際ドキュメンタリー映画祭と大変に忙しい時期。
山形国際ドキュメンタリー映画祭は2年に一度の開催でしたが、ぎりぎり、参戦ならず。

釜山では橋口亮輔監督「恋人たち」が上映され、「恋人たち」チームと遭遇。

IMG_0391

「恋人たち」チームと偶然遭遇!

韓国に不案内な皆さんをどうにかするようにと、某現像所のSさんからのご用命でアテンドさせて頂く(笑)。
予定外ではあったけれど日韓映画文化交流のためには、日本から来た皆さんが韓国の映画祭で楽しんで頂くのも大事なことと思いつつ、しかし、自分が何かの役に立つのは純粋に楽しい。

 

 

 

IMG_0398

「恋人たち」舞台挨拶

 

それにこういうどちらかというと地味な映画が認められて、しかもその後日本で大ヒット!というのも嬉しい。
良い映画なのに、ヒットしなかったね、と言うことはよくあることで、ちょっと気持が荒むけど、良い映画が着実に認められて沢山の人に観て貰えていくというのは、自分の心が落ち着く(笑)こうあるべきだよね。

 

 

IMG_0417

また、私が演技の勉強でお世話になっているlifeworks STUDIOに時々現れる中村高寛さんもドキュメンタリー『ヘンリ・ミトワ 禅と骨』の上映でいらっしゃっていて、合流。

 

 

IMG_0466

韓国映画監督組合代表イ・ジュニク監督と

 

韓国映画監督の夜という韓国映画監督組合主催のパーティ(と言うか宴会?)にも参加させて頂く。

 

 

 

 

 

IMG_0488

 

あ、あと2年前に東京国際映画祭の国際交流パーティで出会った「起爆」の監督ともソウルで再会。「起爆」は最近ドラマ「ミセン」でピョン・ヨハンが注目されたこともあって、再上映になったりした。
「起爆」が収録されているKAFAのDVDボックスを持って記念撮影。

 

 

 

さて、毎年のことではありますが、釜山の後には東京国際映画祭。

IMG_0575

大森一樹監督と土田真樹さんは既知の間柄でした。土田さんの人脈には驚かされるばかり。

東京国際映画祭では海外プレスパーティ内にて日本映画監督協会の国際交流が行われ、韓国映画監督組合のユンジェヨン監督、通訳にソウル在住土田真樹氏をお迎えしました。

ちなみにですね、私は映画監督協会国際委員会の韓国担当ですが、映画監督協会からの予算はもちろん1円たりとも出ておりません。
単なるボランティア。
アホか?と言われても、一度やると決めたことはやります。
金と時間と体力が続く限り。
韓国に男いるんだろう?などと言って頂くこともありますが、残念ながらおりませんです(笑)
残念だ!出来ることなら是非欲しい!(爆)
だって韓国語が上手くなりそう(そっちかい!?) 嘘。正直、男は面倒くさいでーす。
「変な噂たてられてるみたいなんですよね~」と呟いたら、某監督は「おまえ、そういうときはすかさず、ええ、韓国に2人、インドに3人います、あれ?4人だったかな?とか言っておけ」とアドバイス頂きましたが(笑)

ではなぜ?と言われれば答えは簡単。
映画文化を通じての日韓交流を細くても長く続けていきたい。
難しいことは私にはよく分かりませんが、芸術文化の世界につまらない政治ごとを持ち込んで欲しくない。それだけです。
シンプルなことほど実は難しい。
じゃあ何で韓国だけなの?という質問も頂きますが、中国語、英語が出来れば、もっといろいろやりたいです、本当は。
その辺はここの↓最初にちょっと書きました。
日中間映画文化交流の2014年

さて!6月に撮った短編映画「お墓参り」はなんと2016年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門で上映決定!
今年一番ビックで嬉しいニュース!

12月末日現在、文化庁からの連絡は無く、海外研修員制度には書類で落ちた模様。
なぜか、多分落ちてるよ、という情報を事前に非公式に頂いていた。
なぜ落ちたのかを今後よく検証してまた挑戦したいと思う。

 

広告