「全裸監督」だけで良いの?

昨日とある女子会で、日本の男性映画人は「女性が作品を撮っても「ふーん」と聞き流して、観てみようともしない。」という話が出ました。
その通りだと思います。

ジェンダーギャップ指数が世界で120位の現状をよく現していると思います。

全裸監督、作品として否定はしませんが、日本が世界に通用する作品がAVとアニメしかないと言ってるのと同じ現状に、日本の映画制作者はもう少し危惧を抱いた方が良いのでは?

世界に通用する、本当の日本映画とは何か?

アップデートという言葉が出てきていますが、ご存知ですか?

男性の映画監督が多少下手な映画を撮っても「あれはチャレンジだった、実験だった」と前向きに捉えるのに対して、
女性の映画監督だったら「こんなへったくそな映画撮りやがって責任取れるのか?これを人に見せるつもりか?」と罵られる。
どうやらこれは私だけではないようで、いろんな女性フィルムメーカーから聞かされる経験談です。

おっしゃってる本人に自覚があるかどうか分かりませんが、これは女性が映画を作ることに対する抑圧です。

こんなことを看過していたら女性が前向きにチャレンジしていくことが出来ません。

ちなみにこういう投稿さえも、女がなんかめんどくさいこと言ってる、と見て見ぬふりされてるとは思いますけれど。

大原とき緒監督短編映画「bird woman」のクラウドファンディングの時の応援メッセージを追記しますね。
●以下、応援メッセージ●
【私たちはまだ映画の面白さの半分しか知らない、と言ったら大げさだろうか。】
映画に限ったことではないが、特に映画の場合はその製作形態から、男性が作る男性のものであるという考えが強かったように思う。
撮影や編集などの作業は男性でないと出来ないと思われていたのだと思う。
そもそもそこから間違っているのだが。
私は高校生の時に映画を作り始めた。
いずれは長編の商業映画を作る映画監督になろうと思っていた。
しかし、実際に映画業界に入ってみて言われたのは
「男を喜ばせないと駄目なんだよ」という言葉だった。
おかしい。
観客の半分が女性であることは、明白なのに。
政治にしてもそうなんだろうけれど、組織の体質が男性によって作られたもので、男性が決定権を持っている以上、「男のオレを喜ばせる」ことが第一条件だったのだ。
女性を喜ばせるための映画も、映画が産業として成立するために、苦肉の策として作られることもあるが、オンナ子供相手のつまらないものとして、脇に置かれがちであることは否定できないであろう。
結果、オンナ子供向けに作られていたアニメが商業的に成功していくことになる。
市場、マーケットというものを冷静に見つめていきましょうね。そこには老若男女、すべての人間が平等に存在しているのです。男性だけじゃない。
「男のオレ」には分からない世界が、映画にはまだ半分残されていると思う。
これは残念なことでもある。
つまり、映画業界における男女平等が他の表現媒体よりも遅れていることの結果だからだ。
前置きばかり長くなったが、大原とき緒さんの撮る映画は、残された半分の映画的な面白さにあふれている。
映画によって自己表現をしたい女性にとっては、生きづらい世の中だったと思う。
羽ばたく翼を針金で雁字からめにされていたようなものだろう。
これからはきっと変わっていく。
変えていきたいと思う。
翼を羽ばたかせて、行きたいところに飛んでいってほしいと思う。
私は短編映画「Bird Woman」を応援します。
吉村元希(脚本家・女優・映画監督)

https://www.kickstarter.com/projects/birdwoman/bird-woman-funny-fantastical-feminist-short-film/posts/3115458

取材という形のハラスメント

-大坂なおみさんに関する記事を読んで個人的に思ったことをSNSに書いたものをまとめます。

なおみさんの気持は、分かるような気がします。(私も取材が苦手)
だったら棄権というのも理解出来ます。
わがままではないと思う。
自分の属性を代表する存在になってしまうと何を発言すべきなのか大きなプレッシャーになると思うし。
真面目すぎるほど真面目であるが故の判断だと思います。


取材する側は、時に取材対象が失言するような質問を選んでしてくるし。
それは面白いコメントになるかもしれないけど取材対象を傷つけることになるということを分かって欲しい。
誰か信頼できるスポークスマンが立てられると良いのになと思います。


未だ男性優位で黒人差別が色濃く残るこの社会で、彼女がどんな質問を受けてきたのが想像しました。
ちょっと考えるだけで胸が苦しくなる。
たかが私ごときでさえ、女性の映画監督というだけで「何故あなたにそんなことまで言われなくちゃならないのか」ということをたくさん言われてきました。


取材者側の(時に無礼な)質問というのは、公になるときに残らず、取材対象の失言だけが公表されるのです。
アスリートにせよ、アーティストにせよ、そのパフォーマンスだけを応援してあげて欲しいと思う。


取材を受けることで認知度が上がり、自分の作品を多くの人に届けられるようになることは知っています。
だから取材は受けない、とは言えない。
しかし、たいていの場合自分の真意が伝わらないことの方が多いというのが実感です。
そのメリットデメリットを計算したりはします。
打算と言われそうですね。
真面目すぎて自分を壊していくよりは良いとは思います。

と、ここで、渥美志保さんという記者の方からご質問を頂きました。
例えばどんな質問に「無礼」を感じていらっしゃるのか、取材する側の興味として知りたいです。もし、可能なら。

私の場合はほとんど嫌がらせに近いものが多かったので普通のインタビューでしたらそれに当たらないと思います。例えば「こんな学芸会みたいなものを、お金を取って見せても良いと思うのですか?」とかでしょうか。撮影現場での質問でしたけれど。(つまり作品はまだ出来ていない状態)

「女子大生と名乗っていらっしゃいますが、たかが成城大学くらいで女子大生って言っていいんですか?」とかもありましたね。

もはや、質問じゃないですよね…笑

「女子大生を取材しに来たのに、テニスとかゴルフとか合コンに行かないと言うのでは困る。行ってることにしてください」と言われたことも。断りましたけど。ぶち切れられました。

取材が恐ろしくなって何も言わずにいたら、「お気持ち分かります。大丈夫です、悪いようには絶対しませんので、こっちで書いておいて良いですか?」と言われた週刊プレイボーイの記事は、むちゃくちゃ面白かったです。読んで爆笑しました。逆に感謝しています、笑

質問じゃないですけど、カメラマンに服を脱げって言われたこともありましたね。
春売りの号なのにセーターなんか着てたら写真撮れない、脱げって。
セーターの下には下着っぽいTシャツしか着てなかったので、いったんは断ったんですが、脱がないなら帰るって言われました。
取材を紹介してくれた人が同席してたんですが何も対応してくれなかったですね。
春服を着てこいとも言われてなかったし、男性だったら言われなかっただろうと思います。
脱ぎましたよ。思い出したくないですね。

ミソジニー案件とマウント案件と捏造案件が入り乱れておりますが、とりあえずこんなところだと思います。捏造でも面白ければ可、くらいのゆとりは持っているつもりなんですけれどね…。

ああ、でも、書けてよかったです。これを言わずに死んだら私化けて出てたかもしれません。記者の方には聞きづらい話なのに、ご質問までくださってありがとうございます。つまり、取材という形をとったミソジニーやヘイトというのが、ままあると言うことです。

渥美志保さん「そ、それはヒドイですね…。取材じゃなくて、単なるセクハラとマウンティングしたいだけの人達じゃないですか。そういうの、ほんと変えたいです。」

そうなんです、なのでなおみさんのお気持ちが少し分かると思っています。これを書いた後、白人記者による差別的な対応があったとネットで見ました。そういうことなんだと思います。

楽しい取材もありました。上に書いた週刊プレイボーイと、近代映画の取材は楽しかったです。近代映画の記者さんは撮影現場の記者達の態度が酷すぎると怒っていました。

渥美志保さん「ありがとうございます。すごく勉強になりました。私の知らないことが、世の中にはまだまだ本当にたくさんあるなと。ナオミさんの件同様に、隠していた不快感はどんどんオープンにしていかねばいけませんね。」

個人的なまとめ
ハラスメントというと強者から弱者に向けられるものと言われていて、取材者と取材対象はその逆ではないかと思われがちですが、取材対象になる側がマイノリティの場合は、これに当たらないと思います。むしろ社会的立場があるために自由に発言できないという足枷がある。それを利用して嫌がらせをするのは卑劣以外の何物でもないのですが、今これに抗うために何をしたら良いのだろうか。大坂なおみさんは試合を棄権するという方法を取ったのだと私は思います。

ハラスメントは面白い芝居を殺す

元々そんなにたいした役者じゃなかったと言ったとしたら、それは自分だけを守る盾だろうか。
「天才」と言われたことは3度ある。
柄本明氏は「天才ってかわいそう」と著書で書かれている。
だから、天才と言われることは必ずしも褒められているわけではないと受け取っている。

去年の今頃だった。
もうすぐ一年になる。
私は死にたいと思った。
消えてなくなりたいと思った。
漠然とした希死念慮にはいつもつきまとわれていたけれど、こんなにはっきりと死にたいと思うことはそんなにない。
いい歳をして役者を始めようなんて恥ずかしいことだと思う。
それでも、若いときだったらもっと傷ついたと思うから、この歳で良かったとも思う。
私はいつもニコニコしていて良い人そうに見えると思う。
のんびりおっとりして見えるのは、確かに私の生まれ持った性格だろう。
しかし自分で言うとおこがましいが私は繊細で傷つきやすい。
人の感情に敏感だと思う。
そんな繊細さを人に悟られないように、ニコニコして見せている。
それたはしかに、私を守る盾だ。
人と争うのは好きではない。
あの人と自分とどっちが上とか下とか、正直分からない。
あなたが上だと思うならきっとそうなんでしょう、と思っているが、そういう態度が、余裕があるように見えてしまい、かえって人をむかつかせているらしいと言うことはなんとなく悟っている。
苦労を知らないわけじゃない。
言葉にならない苦しみをたくさん胸の中に抱えていると思う。
それは私が苦しいと思うから苦しいだけなのかもしれない。
よく知らない人はきっとそう言うと思う。
そしてそれを言われた私は二重に傷つく。
これ以上傷つきたくないから、決して人は明かさない。
そして、顔ではニコニコ笑ってみせる。

去年死にたいと思った前と後で、私の芝居は変わったと思う。
もう、無防備では芝居が出来なくなった。
こういう時期なので自分の芝居を映像で見る機会が増えたから余計そう思うのかもしれない。
でも、無防備になれるから芝居をすることが楽しかった。
自分を守っている芝居は、やっていてとても味気ない。
見ている人にとってもそうだろう。
しかし、一度傷ついた心は簡単に無防備には戻れない。
たくさんの役者の「もうお芝居したくなくなった」という言葉を聞いてきた。
今、それはこういうことなんだと体感している。
そう、私はもう天才じゃなくなった。
自分でも前から薄々感づいていた。
こんな子役みたいな芝居いつまで続けていけるんだろうかって。

厳しいことを言われたくないわけじゃない。
私の足りないところ、思い違いをしているところを指摘したり質したりしてくれる人は真の友人だと思っている。
真の友人であることを装って、ダメ出しをしてくるのでなければ、だけど。
それもまた、お互いに無防備な状態で向き合わなければ成立しないわけなので、無防備を失うと本当にいろんなものを失ってしまう。

自分の方が上なんだと示す行為をマウンティングというらしい。
どちらが上かと示さないと社会は成り立たないのだろうか。
それぞれの役割があるだけじゃ駄目なのか。
マウンティングによるハラスメントがあまりに多いと思う。

一年前、コロナ禍に襲われる中、私はzoomで戯曲の読み合わせをするようになり、それをYouTubeで配信もしていた。
演劇界が不安におののく中で、私のような者でも何か出来ることがあったらと思って始め、声をおかけしたら想像より多くの方が参加してくださった。
そんな中、zoomで初めましての方も増えていった。
私は必ず、いつか直接お目に掛かりましょうね、と挨拶した。
コロナが終わった後にも、お互いに、生きてまた必ず会いましょう、あなたに会いたいです、と伝えたかった。

私自身が一番不安だったのだと思う。

「あなたはzoomだけずっとやっててください」と言われた。
意味が分からなかった。
配信をやってはいるけれど、いつか必ずまた舞台に立ちたいと私は思っていたし、すべての演劇人がそう思ってるに決まっていると思っていた。
私は、zoomで会う1人1人に、いつか必ずお目に掛かりましょうねと伝えたかった。
でも、私はそう言ってもらえる価値のない人間なのだと思った。

おそらくそれはマウンティングだったのだと思う。
私は死にたいと告げた友人からもそう教えてもらった。

そんな風にモラルハラスメントをせざるを得ないほど、その人も不安だったのだと今は思う。
認知の歪みだなと思うことが多い。
今、いろんな人がいろんなことに怒っている。
中には的外れな怒りをあらぬ方向にぶつけている人もいる。
このモラルハラスメントもそうだ。
私という人間にむかつくことがあったとしても、平常時だったらもっと違う対応が出来たはずだろう、と信じたい。

でも言えるのは、ハラスメントによって、面白い芝居は死ぬと思う。

そして役者はまず自分の心を守るべきだ。
ハラスメントからは全力で逃げてほしい。
本当に死んではならない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。